クレカ現金化を利用する事のメリットを探る

クレカ現金化を利用する事のメリットを探る

お金に困った時に利用する「クレカ現金化サービス」の歴史は古く、700年前の鎌倉時代に「質屋」という形で一般市民の生活を影で支えてきました。

 

インターネットが普及してきた現代社会の中で最も有名なものは、クレカのショッピング枠を利用したサービスである「クレカ現金化」です。

 

クレカ現金化のクレジットとは「信頼」「信用」を意味する英単語で、ラテン語の「貸し付け」の意味から「信用貸し」という意味でも使われている言葉です。

 

クレカ現金化の場合は、クレカ会社の与信枠を利用して購入した商品をまるで担保にするように販売先または買取先からお金を振り込んで貰うシステムです。

 

このサービスは手元に振込が行われるまでの時間の早さから、多くの人に注目されるようになりました。

 

クレカの利用限度額は、庶民的な経済力ですと50万〜60万に設定されていることが一般的で、この限度額内であれば何度でも繰り返し利用することが出来ます。

 

そして「ショッピング枠」の限度額は正常な取引実績を積んで行けば、自動的に増えていく仕組みになっており、本人が希望しなくても本当に勝手に行われています(笑)。

 

支払い方法としては、一括払い、二回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いがありますが、基本的に一括払いからの割賦払いへの変更となっておりますので、リボ払いを選択せざるを得ないようです。

 

翌月に返済の目途が立っている場合は一括払い、次のボーナスで返済できるのであればボーナス一括払いを選択しておくと余計な利子が付かないので便利ですが、借りた額が多い場合は二回払いやリボ払い、分割払いを選択しておくのが無難でしょう。

 

ちなみに、当サイトでは業者を介したクレカ現金化について書いておりますが、自分自身で実行する方法もあります。

 

クレカ現金化の方法も仕組みも至ってシンプルですが、便利さから業者を介したやり方のほうが工程数が少なくお勧めで、メリットやデメリットの両方を紹介している比較サイトも存在していますので、世間的な需要も少なからず存在している事が伺えます。

 

クレカ現金化の比較サイト

 

無店舗型の場合、申し込み内容を入力、本人確認の連絡を受ける、オンライン決済、お金が振り込まれるといった具合で早い場合で5分〜10分程度で行えます。

 

申し込み内容は名前、住所、連絡先、カードの種類、利用予定額といった項目を入力しますが、本人確認の連絡では本人を証明するもの(運転免許証、健康保険証、住民票など)を写メやFAXで送信する場合もあります。

 

電話での申し込みもできますが、口頭でのやり取りはトラブルの原因ともなりますので、申し込みフォームから登録されることをお勧めします。

 

急なお金の出費でお困りの際に、今話題のクレカ現金化を試してみてはいかがでしょうか。